Pocket

 はじめに

春助です(゛□_□)/

今回は少し年をさかのぼりますが、2016年5月に発売した、
Aimerさんの「ninelie EP
について語っていきたいと思います。

Aimerさんといえば、奇跡の歌声と称されるアーティストで有名になりましたよね。
Mステなど地上波に出演するようになったのはここ最近ですが、
筆者は『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』の主題歌を担当されている頃から
よく聴かせてもらっていました。
ハスキーで幻想的な声がクセになり、頻繁に歌声が聴きたくなります。

下の写真で何故2枚あるのかは後述しますw

 CD情報

【ジャケット正面】

左:初回生産限定盤 右:期間生産限定盤

【ケース内部】

上:初回生産限定盤 下:期間生産限定盤

【収録内容】

01.ninelie/Aimer with chelly(EGOIST)

作詞・作曲・編曲:澤野弘之

02.Through My Blood <AM>

作詞:cAnON.
作曲・編曲:澤野弘之

03.スピカ

作詞:aimerrhythm
作曲:飛内将大
編曲:玉井健二・飛内将大

04.ninelie(TV size)
05.ninelie(instrumental)

【限定版DVD】

初回生産限定盤:01.ninelie(music video)
期間生産限定盤:01.『甲鉄城のカバネリ』 エンディングノンクレジットムービー

 所感

◆01.ninelie/Aimer with chelly(EGOIST)

「ninelie (読み:ナインリィ)」
2016年に放送された『甲鉄城のカバネリ』のエンディングテーマとなっています。
前述した『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』でも担当されていた
澤野弘之さんが楽曲提供されていますね。

さらにゲストボーカルとしてEGOISTとしても有名なボーカルのchellyさんが
参加されています!
この3名のコラボレーションってだけでも胸が熱くなります。

曲に関しては、静かなピアノから始まり「静かな曲かな?」と思わせておき
曲が進むにつれてふつふつと熱を帯びていきます
その熱量が2番サビ辺りから一気に盛り上がりをみせるところが鳥肌ものです。
澤野さんの作り上げた曲調に乗り、徐々に感情をさらけ出していくような
歌い方をするお二人の表現力は素晴らしいです。

筆者のオススメポイント

やはり全体を通してのAimerさんとchellyさんのハーモニーです。
幻想的な歌声を持つお二人のハーモニーは、聴く人を曲に引き込んでくれます。

特にオススメな部分は、一発目のハモりである00:55辺り。
「繰り返す陽の無い夜明けに崩れた朝」のところのハーモニーが絶妙なので必聴です。

◆02.Through My Blood <AM>

こちらは『甲鉄城のカバネリ』の挿入歌となっています。
本編後期のEDにも使われていたと記憶してます。

全て英語の歌詞で、曲調もアニメの雰囲気とマッチしているので
是非とも映像と共に聴いてほしい曲です。

筆者のオススメポイント

ラストの03:33辺り。
「Have I gone so mad? The pain’s through my blood」
調べてみたところ「俺は狂ってしまったのか?痛みは俺の血を通じて」と訳されるようで
甲鉄城のカバネリ』の主人公の心情を描いているように読み取れます。

◆03.スピカ

前述の深みの強い2曲とは変わって、明るく聴いてて清々しくなる曲です。
むしろその2曲のおかげで明るさが増してる感もありますw

スピカとは、春の夜に輝くおとめ座で最も明るい星の名称で、
歌詞中にもそのスピカを象徴するような
「春の影 さよなら告げて 笑った 夏の足音を探す」
という言葉も入っています。

全体の歌詞を読み取ると、
変わりゆく季節の中、最も輝くことのできる日々を待ち焦がれるスピカに対する
応援ソングのような曲になっていると思います。違ってたらごめんなさい。

筆者のオススメポイント

Cメロの03:29辺り。
「失くせないものを 失くしても 君は君だよ」
象徴的なものを失くしても本質は変わらないといった前向きになれる言葉のように感じます。

 まとめ

やはり注目してほしいのは、Aimer×chelly×澤野弘之のコラボレーションはこのCDでしか聴けないところ!
甲鉄城のカバネリ』を知らない方でも、見事に曲の世界観に引き込まれると思います。
引き込まれたら『甲鉄城のカバネリ』も見ましょうw

余談ですが、「ninelie EP」リリース当時
筆者地元近辺の阪急西宮ガーデンズにて、リリース記念イベントが開催されたので行きました。
既に別場所で1枚購入していましたが、イベント会場で購入するとAimerさんのサインが貰えるということで
もう1枚購入した結果、2枚持ちとなりましたw

サインは今でも自宅に飾ってあります。ありがたやありがたやぁ…。

それでは、今回はここいらで。
少しだけでも共感を得てもらえたら嬉しいです!

いずれ、今回名前が挙がったEGOISTさんの曲についても語らせてもらいたい思っています。
次回も是非読んでくださいねー(゛□_□)/でわでわ

↓Amazon商品リンクはこちらから ※初回生産限定盤は売り切れ注意
通常版
初回生産限定盤
期間生産限定盤


Pocket