Pocket

 はじめに

春助です(゛□_□)/

今回は前回の記事で宣言した通り、2017年8月に発売した、
EGOIST英雄 運命の詩
について語っていきたいと思います。

↓前回の記事はこちら↓

EGOISTとは、ボカロPとしてもsupercellとしても有名なryoさんが
プロデュースを手がけている架空のアーティストです。
ボーカルにはオーディションで選ばれたchelly(チェリー)さんを抜擢されています。

はじまりは、『ギルティクラウン』に登場するヒロインの楪 いのりが
ボーカルを務める架空のアーティストグループを組んでいるということと
重ねて、主題歌や挿入歌を主として活動をスタートしていました。
ギルティクラウン』放送以降も人気があったことから解散はせず、
他のアニメのタイアップを数多く担当されるようになりました。

ryoさんが作る曲調とchellyさんの歌声がマッチングしていて、
聴いているとどんどんEGOISTの世界観に引き込まれていきますw

 CD情報

【ジャケット正面】

※初回生産限定盤

【ケース内部】

【収録内容】

01.英雄 運命の詩

作詞・作曲・編曲:ryo(supercell)

02.永遠 <AM>

作詞・作曲・編曲:ryo(supercell)

03.Eiyu Fate’s Song

作詞・作曲・編曲:ryo(supercell)

04.英雄 運命の詩(instrumental)
05.永遠(instrumental)

【限定版DVD】

初回生産限定盤:01.「英雄 運命の詩」オリジナルムービー
期間生産限定盤:01.TVアニメ『Fate/Apocrypha』オープニングノンクレジットムービー

 各曲所感

◆01.英雄 運命の詩

2017年7月からに放送されていた『Fate/Apocrypha』の1期オープニグテーマとなっています。

タイアップであることもあり、歌詞も陣営が戦っているような雰囲気を醸し出していて、
そこに壮大なコーラスが加わることで、迫力感とダークな雰囲気を引き立ててくれています
かなりスケール感の大きい曲に仕上がっていると思います。

筆者のオススメポイント

上記の所感とは少し観点が違いますが、
各Aメロの静かなメロディーがいつものEGOISTっぽくて好きです。
chellyさんの張り上げた声も迫力があって良いのですが、
筆者はchellyさんの囁くように歌うところが綺麗で好きなのです。

◆02.永遠

まず、この曲はカップリング曲となっていますが、
カップリング曲という枠で終わらせることのできないくらい良曲に仕上がっていると思います。
実は筆者、こちらの曲のほうがお気に入りだったりします…w

なんというか、chellyさんの歌声がもはやオケの一部なんじゃないかと思えるほど
雰囲気とマッチングしており、オケも歌声を優しく受け止める受け皿のように
なっていて、互いを支えあっている…そんな曲だと思います。(表現下手でゴメンナサイ

イヤホンやヘッドホンで聴くと、細かいところまで音使いに拘っていることがわかるので、
是非イヤホン等で聴いて曲全体を感じてみてください。きっと引き込まれると思います。

筆者のオススメポイント

2:29辺りからラスサビ前のところ。
「触れた手は冷たくて知った…」というパートが途中でバックコーラスのようにメインパートと
自然に重なるところが幻想的で綺麗です。やはり囁くように歌うところが好(以下略

◆03.Eiyu Fate’s Song

英雄 運命の詩」の全英語バージョンとなっています。
この曲を全英語で歌うとなるとかなり難しそうなのですが、
さすがといいますか、元から英語の曲であるかのように歌い上げていますw

筆者のオススメポイント

各Bメロの歌い上げ方。よくこんな長い英語の歌詞を歌に乗せれるなぁ…と感激しますw

 まとめ

是非ともこのCDの曲は全曲イヤホン等で聴いてみてください
迫力感や幻想的な部分を心地よく感じることができると思います。

それでは、今回はここいらで。
少しだけでも共感を得てもらえたら嬉しいです!

次回も是非読んでくださいねー(゛□_□)/でわでわ

↓Amazon商品リンクはこちらから ※限定盤は売り切れ注意
通常版
初回生産限定盤
期間生産限定盤


Pocket