Pocket

 《はじめに》

イベントの設営体験記事その2です。
その1はこちら

《実際作業させてもらったこと》

◆イベント運営
➁の屋内イベントでは主に、
1.イベント会場の整理整頓清掃
2.周辺の安全確認・誘導
3.お客さんの呼び込み
4.その他
等を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【1.イベント会場の整理整頓清掃】
とても基本的なことですがイベント会場の見栄えが悪いとせっかくの客足も遠のいてしまいます
そのようなことがないように常に美観には注意し、落ちてるゴミは回収、出っ放しのイスを戻す等
細かい作業ですが抜かりなく実施しました。
「そんなの誰でもできるわ」って言われるかもしれませんが、他の作業もしながら常にそれらに目を光らせておくのは
意外と大変なものですよw
ただ、筆者はもともと整理整頓が好きな性格なので上手くやれた気はしました。

【2.周辺の安全確認・誘導】
イベント会場には大勢のお客さんが来られる為、その分危険があります
例えば、お客さん同士がぶつかってしまったり、お子さんが展示品で遊んでしまったり等
言い出すと色々と出てきます。
特に今回は商業施設の屋内であった為、お子さん連れのお客さんも多く、親御さんが会話中に
暇を持て余したお子さんが会場を自由に歩き回ってしまうということもありました。
会話の置いてけぼりになったお子さんの立場からしてみては仕方ないことだとは思いますけどね。
そういう子が怪我しないように、危なそうだったら声をかけたりして防止に努めました。

あと設営の関係上、どうしても配線が通路上を通る必要があった為、
歩行者や買い物カートが配線上でつまづいてしまわないよう、通る前に注意を促したりと危険防止に努めました。
極力通路等に干渉しないように設営するに越したことはないですが、どうしても通す必要があるときは
こちらで対策するのが当たり前ですしね。もちろん配線の養生も抜かりなく

【3.お客さんの呼び込み】
呼び込みに関してはメインで任命されている方がいたので、筆者は手の空いた時や交代の時にしかお手伝いできませんでしたが
少しだけ体験してきました。
普段自分がイベント会場等を横切る際に受けるスタッフさんの対応方法を思い出し、嫌がられるような対応はしないように
心がけました。単純なことですが、いきなり声をかけたり、しつこく勧誘したりしないって感じです。
過度にしているとそれを見た他のお客さんに避けられてしまったりしたら悲しいですしね…。

【4.その他】
上記の他にも細かいことは多々あったのですが、あえて挙げるとするならば
>>広告風船はかなりの呼び込み効果有<<
というところでしょうか。なんだよそれって言わないでくださいね。

何故かというと、先ほども記したように商業施設はお子さん連れのお客さんが多いです。
そういうご家族がイベント会場を横切った際に、風船に興味を持つお子さんの多いこと多いこと。
それで一緒にいた親御さんも「へー、こういうイベントやってるんだ」という風に興味を持ってもらえることが
多かったです。まずはイベントをやっているということを認識してもらうことがスタートですからね。
それらの理由から広告風船はかなり呼び込み効果があるなと感じました。

《最後に》

長々と体験談を書かせてもらいましたが、イベントを成功させるにはやはり
お客さんの立場になって考え、それを対応に移す
ということが大切だとわかりましたね。

いずれプロダクションでイベント開催するということになった際には今回の経験を生かして運営したいと思います。

次回も是非読んでくださいねー (゛∵)/でわでわ

Pocket